過払い金アイフル

大手とされる消費者金融の中にアイフルがあります。いくつかの消費者金融はメガバンクの傘下に吸収されていて銀行系と呼ばれていますが、アイフルは銀行系列に属していない独立系消費者金融です。

したがって、過払い金の返還でアイフルは経営が悪化し、現在は事業再生ADRの手続きをとっていて、経営は不安定です。そのため、アイフルへの過払い金返還手続きで例え裁判で勝訴しても控訴されることがあります。

また、過払い金の返還請求が和解で成立しても、通常2ヵ月ほどでお金が戻るのがアイフルの場合は6ヵ月程度かかるようです。

このようなことから、アイフルへの過払い金返還請求では、返還を急がないほうが良いようです。
どうしても早くお金を戻してもらいたい場合は裁判ではなく、和解になりますが、満額返還は期待できないようです。当初アイフルは裁判で返還命令が出されるとそれにしたがっていたのですが、最近ではほとんどのケースで判決を不服として控訴をしているとのことです。

ただし例外はあるようで、早い時には判決の2週間後に返還されたという例もあります。



|